イメージ画像
TOP海外出張体験談>シカゴ(Chicago)U.S.A.出張体験談2006年4月
Sponsored links



シカゴ(Chicago)U.S.A.出張体験談2006年4月

4月2日(日)
成田空港に到着、ユナイテッド航空(UA)へチェックインのときにビジネスクラスのアップグレードを依頼するが4人待ちとのこと。再度、ゲートでアップグレードを依頼するが結局はエコノミーになった。

機内に乗り込み、座った席は、エコノミー・プラスという席で通常のエコノミークラスの席より座席間が広いので足を延ばすことができたのが救いでした。

フライトは、満席だった。機内で機内食は一切食べずに弁当と果物を持参して食べていた日本人?がいた。確かに機内食に比べたら好きな弁当を買ったほうがよいかも。

ただ、周りの目も気になるのでわたしにはその勇気がない。その光景を見ていたフライトアテンダントも少し苦笑いをしていた。

11時間の長旅でようやくChicago O'hare International Airportに到着。

入国審査で両人差し指のスキャンと写真を撮られた。ただ、今回は、去年のサンフランシスコの出張時とは違い、めがねをかけたままの撮影だった。

今回予約したホテルは、Crowm Plaza O'Hare(クラウン・プラザ・オヘア)。空港ホテルなので電話をするが、携帯電話の調子が悪く、面倒なので結局8ドル払ってタクシーで移動。

チェックイン後、ホテルの部屋は広く満足。少し休み、ホテル内のギフトショップで飲み物を買い、ホテルを散歩。プールがあり、子供が遊んでいた。あとは、バー、軽食がとれるカフェがあった。

本当は、ダウンタウンに泊まりたかったが値段が高かったのでエアポートホテルにしたが周りには食べるところがない。食べるとしても違うエアポートホテルのレストランしかない。

テレビを見ていたらシカゴに大嵐が来てダウンタウンに泊まっていたら大変だったかもしれなかったので今回は運が良かったかもしれない。

ホテル内のレストランに行き、オニオンスープと鮭のオーブン焼きを注文。オニオンスープは、チーズがふた代わりにたっぷりと入っている。日本のレストランで食べるオニオンスープとは違った。量も2倍以上はあったのでスープだけでおなかがいっぱいになった。

夕食後にベットに入るが、飛行機と車の騒音さらに時差ボケでほとんど寝られなかった。
予想通り、まわりには何もない。
ホテルの部屋から撮影。これだけ近ければ、うるさくて寝れないのは当たり前かも。

4月3日(月)
午後、ホテルのポーターにタクシーを呼んでもらい、得意先へタクシーで向かう。タクシー料金は、Northbrooksまでチップも含めて往復で100ドルとポーターより聞いていたが、渋滞と商談が予定では1時間で終わる予定が3時間もかかり、ドライバーの待ち時間やチップも含め200ドルもかかった。

しつこく交渉するが、ロシア人のドライバーとけんかになりそうだったので結局200ドルを支払った。次回からは、片道で頼もうと思う。

経験上、距離が離れているとほとんどのドライバーは、客を乗せてもどったほうが稼げるので往復で要求してくる。

それとタクシーの運転手は、移民が多く道を知らないので、出発前にアメリカヤフーの地図を編集し、ドライバーに渡した。それを見ながらドライブしていたので問題なかった。

アメリカのタクシーは、レシートをくれというとレシートに値段を書かずにブランクのまま渡して値段は、好きなように書けと言うパターンが多かった。

昨日と同じレストランでアメリカ料理を食べ就寝。やはり時差ぼけであまり寝られなかった。


Sponsored links


TOP海外出張体験談>シカゴ(Chicago)U.S.A.出張体験談2006年4月

このページの先頭へ