イメージ画像
TOP海外出張体験談>2005年の中国寧波出張体験談
Sponsored links



2005年の中国寧波出張体験談

ここでは、寧波出張体験談2005年版を載せています。2005年3月から毎月出張するようになったので随時このページも更新していきます。

寧波は、日本人も多いので日本食レストラン、カラオケ屋、日本人向けクラブ(飲み屋)もたくさんあります。

3月15日(火)
午後2時5分のNH959便で上海へ向かう。旅行会社からは、前回通り出入国カードと入国検疫申告書をもらっていたので出発前に記入していた。機内でも用意されているので機内で書くのも良いでしょう。書き方も機内のテレビ放送で説明されていました。

約3時間で上海浦東空港に到着。タクシーでホテルに行こうと思ったが上海は、渋滞も多いので、リニアモーターカー(Shanghai Maglev Train)で終点の龍陽路駅へ向かう。時速430キロで終点まで約8分、運賃は、普通席(Economy)で50元。

車内は、快適であっという間についてしまったという感じ。到着後に地下鉄に乗り換えてた。タッチパネル式の券売機で目的地まで3元。ただ、通勤ラッシュでかなり混雑していた。

3月16日(水)
タクシーで上海浦東空港に向かい、朝早い便で寧波へ向かう。ただ、寧波が霧のため、機内で2時間ほど閉じ込められる。2時間遅れで約30分の飛行時間で寧波空港に到着。訪問する工場のドライバーに出迎えられ、ホテルに向かう。

寧波は、近代的な都市で日本食レストランも多く、カラオケや日本人向けのクラブなどもある。滞在中4件ほど日本食レストランに行ったが、席に座るとほとんどのレストランでオーナーが名刺を持ってきて自己紹介をしてくる。

次回、タクシーでそのレストランに向かうときにその名刺(住所入り)をタクシードライバーに渡せば、連れて行ってくれる。印象に残ったレストランの名刺は、次回のために取っておくと便利。

昼食後に協力工場に向かい商談及び開発商品の検査を行う。

3月17日(木)から18日(金)
16日に続き商談と開発商品の動作確認など検査を行う。17日の夜は、夕食前に盲人マッサージに行く。30元で60分の全身マッサージをしてもらった。

3月19日(土)
午前、ホテルをチェックアウトして2時間くらいかけて杭州空港に向かう。空港は、きれいでそれほど混雑もしていなかった。13時50分のNH930便で無事に帰国。

4月12日(火)
反日運動で騒がれていたが4月12日から16日まで再度出張した。京成スカイライナーで成田空港へ向かうが、地震で電車が遅れ、出発1時間前に空港へ到着。走って、チェックインカウンターへ向かい、預ける荷物がなかったので専用チェックインカウンターでギリギリ間に合った。

JALで杭州へ向かい、車で1時間かけて寧波の工場へ無事に到着。到着後、軽い昼食をとるため、工場近くの食堂で牛肉がたくさん入ったうどんを食べた。

平日だったのでもちろん反日デモもなくいつも通り新製品開発の打ち合わせができた。

4月13日(水)
次の日早朝に昆明に向かうため杭州空港からのフライトで向かう。

部屋から携帯電話のカメラで撮影。

Sponsored links


TOP海外出張体験談>2005年の中国寧波出張体験談

このページの先頭へ