イメージ画像
TOP海外出張ノウハウ >海外出張時の服装について
Sponsored links



海外出張時の服装について

海外出張時の服装について質問がありましたので、個人的な意見をまとめたいと思います。

私の場合、基本的には飛行機内ではスーツはシワになるので、カジュアルな服装にしています。ジーンズにシャツを着ています。

昔は、商談の時、スーツで行くことが多かったのですが、数年前からカジュアルな格好が主体になっています。

理由は、私が訪問している中国、欧米の顧客は、都市部から離れているところが多く、スーツを着ている人はほとんどいませんし、移動中に周りを見渡すと、スーツを着ている人はあまり見かけません。銀行員や役人くらいでしょうか?

そのため、スーツを着ていると逆に目立ってしまい、視線を感じることがあるのと、治安が悪い国で目立ってしまうと、スリなどのターゲットにされる可能性もあるので、なるべく周りに馴染むためにカジュアルな服装にしています。

もちろん、得意先と商談の時は、ネクタイはしませんが、ジャケットをきています。中国や台湾など、委託生産の打ち合わせや商品の改良、検査目的で出張する場合では、カジュアルな服装のみです。

理由は、油まみれの部品などを触ることも多く、町の人々、現地の取引先の担当者もカジュアルな服装、作業着を着ている方がほとんどで、夏場はTシャツ、短パン(笑)で打ち合わせに出てくる人もいます。

私の考え方としては、服装も周りに合わせるほうが良いと思っています。ニューヨークのマンハッタンなど訪問される場所がスーツの人が多い場合、または行ってみないとわからない場合は、もちろんスーツが無難だと思います。


Sponsored links


TOP
海外出張ノウハウ >海外出張時の服装について

このページの先頭へ