イメージ画像
TOP海外出張体験談>2006年のドイツデュッセルドルフ(Dusseldorf)出張体験談
Sponsored links



2006年のドイツデュッセルドルフ(Dusseldorf)出張体験談

朝タクシーで空港へ向かい、デュッセルドルフ空港へ到着。この場所は、日本企業が多く日本食レストランも多いのが特徴というか日本人には助かります。

特にラーメン屋のなにわというレストランは日本で食べているラーメンや定食と同じです。地元のドイツ人も多くいつも行列をしているほどです。

泊まったホテルは、Best Western Majestic HotelというDusseldorf HBFから1キロくらい離れたところです。

予算があれば、日航ホテルもおすすめです。日航ホテルの近くに日本食レストランもたくさんあります。

デュッセルドルフは、ビジネスとファッションの町ですので観光するところはほとんどありません。帰国日は、JALのフライトが夜9時だったのでホテルで荷物を預かってもらいライン川まで歩いていき、カフェで時間を潰していました。


ライン川を撮影。


聖ランベルトゥス教会だと思います。

夕方になり、タクシーでDusseldorf空港へ向う。Frankfurt空港到着後、空港内を地下道とシャトルを乗り継いでJALのゲートまで20分くらいかかった。

ルフトハンザ(LH)の国内経由でJALに乗り継ぐ場合は、ターミナルの移動に時間がかかるので乗り継ぎ時間余裕があるフライトを予約しましょう。なお、JALのゲートは、ターミナル2のD1ゲートでした。この付近は、あまり免税店がありませんので買い物もあまりできなくて残念。

帰りは、アップグレード(エコノミークラスからビジネスクラス)で申し込んでいたが、結局アップグレードができずに帰国。

フランクフルト線は、去年からジャンボではなくB777-300という機材になったので座席数もエコノミークラス中心でビジネス、ファーストクラスの座席数が少なくなっています。

フランクフルト便は、今後もアップグレードが難しいと感じたため、次回は違う都市(アムステルダム経由)などで検討したいと思う。

JALの場合は、即日アップグレードといって、その日にアップグレードを申し込むと6,000マイルまたは¥6,000を別に請求される。

JALで6,000マイルを貯めるのはかなり大変。ヨーロッパ片道分のマイルを請求されるのはちょっと不満。アメリカ系の航空会社とサービスの差はかなりあると感じた。


Sponsored links


TOP海外出張体験談>2006年のドイツデュッセルドルフ(Dusseldorf)出張体験談

このページの先頭へ