イメージ画像
TOP海外出張体験談>ヨーロッパ出張準備2008年、フランス、パリの移動手段を考える方法
Sponsored links



ヨーロッパ出張準備2008年、フランス・パリの移動手段を考える方法

フランスは、訪問先まで電車で移動(片道3時間以上)。ただ、今回スカンジナビア航空を利用するため、成田からコペンハーゲン経由でパリに入るため夜の8時に到着。空港からは、バスではなくタクシーを利用予定。

たぶん、ホテルには夜10時ごろ到着を予想するため、電車も切符も旅行会社に手配してもらうことにしました。

手数料を考えると日本でヨーロッパ鉄道の切符を買うのは割高ですが、深夜の駅の治安、出発日が早朝なので今回は旅行会社に手配することにしました。ちなみに、ホテルは、長距離の電車移動を考えて駅近くのホテルを予約予定。

パリ中心部のホテルは、古い建物が多く高いので、パリから電車で移動する場合は、いつも駅の近くのホテルを利用している。

訪問先への移動は、以下のサイトで時刻表などを確認。電車の場合は、出発時間と到着時間のほかにプラットホームあとはその電車がどこ行き(終点駅)も確認しておくと、乗り間違えなくてすみます。

ドイツ鉄道(ヨーロッパ鉄道の検索)
フランス鉄道

Sponsored links


2008年のヨーロッパ出張体験談

9月ヨーロッパ出張準備編、スケジュールを立てる
9月フランス、パリの移動手段を考える
ヨーロッパ出張準備、訪問国の移動手段とホテル選びを考える
経費節減どころではない航空運賃
ヨーロッパ出張初日-パリへ
出張2日目:パリ(Paris)編
パリで滞在したMERCURE PARIS GARE DE LYON
出張3日目:マドリッド空港までの移動
オビエドまで移動
オビエドからバルセロナに移動
出張5日目:バルセロナ(Barcelona)編
出張6日目:チューリッヒ(Zurich)へ移動
出張7日目:チューリッヒ(Zurich)で観光
出張8日目:チューリッヒ(Zurich)編
出張9日目:ゴッテンブルグへ移動
出張10日目:ゴッテンブルグ(Gothenburg)編
出張11日目:オスロ(Oslo)編
出張12日目:帰国へ


TOP海外出張体験談>ヨーロッパ出張準備2008年、フランス、パリの移動手段を考える方法

このページの先頭へ