イメージ画像
TOP海外出張体験談>2004年のハンガリー,ブダペスト(Budapest)出張体験談
Sponsored links



2004年のハンガリー,ブダペスト(Budapest)出張体験談

2004年10月にはじめてブダペストへ小さな旅客機でドイツのDusseldorfから入国。ハンガリーは、マーケットとしては、まだ小さいですが、サラリーも他のヨーロッパ諸国に比べ、安いので、先進国が生産工場など設立するのに、進出しやすい環境のようです。

これから期待できる国の1つです。近い将来は、海外資本が増え、西側同様に大都市になるかもしれません。

飛行機を降りてパスポート・コントロールで何も聞かれずにスタンプを押され、バゲージクレームでスーツケースが出てくるまでに両替所があったのでそこでユーロからフォリント(Ft)へ両替しました。

空港で得意先が迎えに来てくれていたので、スーツケースを持ったまま、彼らに事務所に車で案内される。

ハンガリーは、道もデコボコですが、車も多く、渋滞も多い印象。ブダペストは、日本やヨーロッパの先進国では、走っていないような70年代と思われる古い車がたくさん走っていました。

到着後、事務所兼自宅に案内され、商談後、昼食をご馳走になり車で予約してもらったホテルへ案内される。

予約してもらったホテルは、国立博物館近くのMercure Korona。大型ホテルで得意先に予約してもらったのでホテル代も安くしてもらい、部屋も1人では広いくらいの大きな部屋でした。

町並みも美しく、レストランも多いので食事に困りません。私はホテル近くのレストランでチキンライスを食べました。

ハンガリーは、歴史的にアジア系の民族なので、お土産屋もアジア系の雑貨がたくさん売っていました。

2004年訪問時は、1泊しかできなかったので、商談後にドナウ川まで散歩した程度です。物価も安く、町並みもきれいなので、今度、観光で訪れたい国の1つです。


Sponsored links


TOP海外出張体験談>2004年のハンガリー,ブダペスト(Budapest)出張体験談

このページの先頭へ