イメージ画像
TOP海外出張ノウハウ>海外でiPhoneなどスマホを使う前の盗難対策
Sponsored links



海外でiPhoneなどスマホを使う前の盗難対策

iPhone盗難対策イメージ最近、海外でiPhoneなどスマホの盗難が増えているとニュースでもよく聞きますね。

私も海外へ出張するときは、レンタルした海外WiFiルーター経由で自分のiPhoneやタブレット型のパソコンを利用しているので、他人事ではありません。

特にiPhoneは、狙われやすく盗品でも高値で取引されているようです。さらに盗難され、不正利用で高額請求もされる可能性があるので、このページでは、海外でiPhoneなどスマホを使う前の盗難対策についてまとめてみました。

1.ソフトバンク, auやドコモで契約されているスマホを持っている場合は、海外での発着信の利用制限を申し込んでおく。(盗難されたら、回線停止の連絡が必要になるので、携帯電話会社の連絡先や回線停止方法を確認しておきましょう。ソフトバンクは、マイソフトバンクからも回線停止ができます。)

2. 国内で使っているスマホは置いていき、海外専用として別のSIMフリーのスマホを持っていく。現地では、プリペイドSIM購入またはルーター経由でWIFI接続して利用する。

3.国内で使っているスマホのSIMカードを抜いておき、海外滞在中は、WiFiのみで通信。 抜いたSIMカードは貴重品入れに入れておく。帰国後にSIMカードを入れる。

4.盗難されてもダメージが少ない使い古いしのスマホを海外専用として利用する。その場合は、SIMフリーならよいですが、そうでない場合は、海外ではWiFiのみの利用となりますね。


上記4点でしょうか?私は、海外ではメールと通話は、050+ができれば十分なので、ホームボタンが壊れているiPhone4または格安スマホを買って現地で利用しようかと考えています。

海外でiPhoneやスマホの盗難にあったら、まず契約されている携帯電話会社に回線停止の手続きをしましょう。また、海外旅行保険に入っている方は、現地の警察で盗難証明書を発行してもらいましょう。


Sponsored links


TOP海外出張ノウハウ>海外でiPhoneなどスマホを使う前の盗難対策

このページの先頭へ