イメージ画像
TOP海外出張ノウハウ>入国・出国審査で時間節約?
Sponsored links



入国・出国審査で時間節約?

海外出張の回数が多くなると、パスポートに押されたビザのスタンプが増え、入国や出国審査のときに、時間がかかる場合があります。(入国審査官にもよりますが...) このページでは、入国・出国審査で少しだけ時間を節約する方法について書いています。

ただ、この方法は、よく海外へ行かれる方でパスポートにビザのスタンプがたくさん押されている方のみ少しだけ有効な方法です。

その方法は、シンプルでただ、写真のようにポストイットをページに貼るだけのことです。

パスポートパスポート

たとえば、中国へ出張の場合、日本から出発するときに押されたスタンプのページにポストイットを貼っておきます。

中国到着後に入国審査で、スタンプ(ビザ)を押されます。ポストイットをそのページに張り替えます。

帰国時に中国の出国審査で入国審査で押されたページにポストイットを貼り、入国審査後に日本から出国したときに押されたページにポストイットを張り替えるだけです。そうすれば、審査官もはやくスタンプを見つけることができ、時間を節約できます。

ちなみにヨーロッパ、特にEU内の移動では国内線扱いになるところが多いので、入国審査もなくスタンプを押されることはほとんどありません。

ただ、エコノミークラスの場合、入国審査がはやく終わったとしても混雑したフライトですと、スーツケースが出てくるまで時間がかかりますので、この方法が有効ではないことがあります。

また、審査官によりポストイットを無視されてペラペラとページをめくられて、あまり時間節約ができないことがあります(^_^;)。


Sponsored links


TOP海外出張ノウハウ>入国・出国審査で時間節約?

このページの先頭へ