イメージ画像
TOP海外出張ノウハウ>海外出張の計画の立て方、実践編(ヨーロッパ長期出張編)
Sponsored links



海外出張の計画の立て方、実践編(ヨーロッパ長期出張編)

このページでは、長期出張の際に私が実践している計画の立て方について公開しています。『海外出張の準備方法と進め方』で準備方法などノウハウを公開していますが、その中で難しいのが、訪問する国の順番など計画の立て方だと思います。

実際、私がヨーロッパへ出張するときは、2週間から3週間出張しますので、一度の出張で主要な顧客をまとめて訪問しています。というか経費を少しでも抑えるために会社からの指示なのでしょうがないのですが(汗)。

2週間でどのくらい回れるのかは、難しいですが、私の場合はだいたい1カ国1社を平均とすると6カ国です。これ以上増やすともしフライトが遅れたり、欠航になると、せっかくアポを取ったお客様に訪問できなくなる可能性があるためです。あとあまりハードなスケジュールですと体力的にもきついので......(本音です^_^!)

この計画を立てることについての最大の目的は、移動時間がどのくらいの時間がかかるのかを理解するためです。出張に慣れていない場合や、出張の度に違う国々を訪問する場合は、この作業をしないと、スケジュールを立てることが難しいと思います。

さて、あまり長々と書くと、脱線しますので(笑)、実際に計画の立て方について説明していきます。

ヨーロッパ地図
まずは、地図をご覧ください。(別ウインドウが開きます)


地図のようなルート例で計画の立て方を説明したいと思います。
(2008年6月29日から7月12日までヨーロッパ6カ国へ出張する場合の計画例)
1.  6月29日(日)東京→ロンドン
2.  6月30日(月)商談
3.  7月 1日(火)移動 ロンドン→マドリッド
4.  7月 2日(水)商談 
5.  7月 3日(木)移動 マドリッド→パリ 
6.  7月 4日(金)商談
7.  7月 5日(土)
8.  7月 6日(日)移動 パリ→オスロ
9.  7月 7日(月)午後 移動 オスロ→ストックホルム
10. 7月 8日(火)商談 
11. 7月 9日(水)移動 ストックホルム→フランクフルト
12. 7月10日(木)商談
13. 7月11日(金)フランクフルト→成田
14. 7月12日(土)成田着。

○ルートについては、日本から距離が離れている国から回るほうがよいと思います。上記ルートではなく、たとえば北欧(ノルウェー、スウェーデン)から回る方法もよいと思います。

たとえば、日本からヨーロッパまでJAL,ANAを利用する場合、日本→ロンドン→オスロ→ストックホルム→パリ→マドリッド→フランクフルト→日本のルートなど。

○上記のルートの場合、東京から直行便が出ているのが、ロンドン(イギリス)、パリ(フランス)、フランクフルト(ドイツ)です。直行便がない場合は、ヨーロッパ都市経由のフライトになります。

○日系の場合は、ANA(全日空)とJAL(日本航空)または、ドイツのルフトハンザ航空やスカンジナビア航空など日本に乗り入れている航空会社でもよいと思います。

個人的には、JALのマイルを貯めていますが、成田行きの帰りの便は、ヨーロッパ都市からの出発時間が夜ですので、はやく帰りたいときは、午前中に成田に到着するルフトハンザなどを利用しています。

Sponsored links


海外出張の計画の立て方記事一覧
海外出張の計画の立て方、実践編(ヨーロッパ長期出張編)
ロンドン、マドリッド、パリまでの移動編
オスロ、ストックホルム、フランクフルトまでの移動編
海外出張の計画の立て方、実践編(ルートの決め方)

TOP海外出張ノウハウ>海外出張の計画の立て方、実践編(ヨーロッパ長期出張編)

このページの先頭へ