イメージ画像
TOP海外出張ノウハウ>海外出張の計画の立て方実践編
Sponsored links



海外出張の計画の立て方実践編

●パリ→オスロ
●オスロ→ストックホルム
●ストックホルム→フランクフルト


パリからオスロへ、そしてオスロからストックホルムへ移動する場合は、以下の航空会社で参考までフライトを検索しましょう。オスロ、ストックホルムなど北欧地域は、パリ、スペインに比べると気温が低い地域ですので出発前に気温と天気を確認しておきましょう。

空港からホテルまでのアクセスとホテルから訪問先までのアクセスもGoogleマップなどで調べておきましょう。訪問先に行ったことがある同僚または訪問先に確認するのが一番早いかもしれません。

・エールフランス航空(フランス)、スカイチームメンバー
・スカンジナビア航空、スターアライアンスメンバー
・ルフトハンザ航空(ドイツ)、スターアライアンスメンバー

●フランクフルト→東京
フランクフルトから帰国する場合、ルフトハンザでしたら早い時間帯のフライトがありますが、JALやANAになると夜の便になりますので、荷物をホテルに預けなければなりません。または、ホテルにチェックアウト時間を伸ばしてもらえるか聞いてみるのもよいでしょう。

ということで6カ国訪問する場合のフライト、訪問先、移動時間の計画を立てたら、スケジュールをまとめてみましょう。以下、スケジュールですと2週間、6カ国の出張となります。

1.  6月29日(日)東京→ロンドン
2.  6月30日(月)商談
3.  7月 1日(火)移動 ロンドン→マドリッド
4.  7月 2日(水)商談 
5.  7月 3日(木)移動 マドリッド→パリ 
6.  7月 4日(金)商談
7.  7月 5日(土)
8.  7月 6日(日)移動 パリ→オスロ
9.  7月 7日(月)午後 移動 オスロ→ストックホルム
10. 7月 8日(火)商談 
11. 7月 9日(水)移動 ストックホルム→フランクフルト
12. 7月10日(木)商談
13. 7月11日(金)フランクフルト→成田
14. 7月12日(土)成田着。

このようにはじめて海外出張へ行く場合、計画を立てる一番の目的は、フライトを含めた移動時間です。この移動時間を調べておけば、商談日なども入れた正確なスケジュールを作ることができます。

この計画をたてるのは、けっこう面倒ですが、一度にいろいろな国や地域へ出張される方におすすめの方法だと思います。この情報が少しでもお役に立てればうれしく思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

Sponsored links


海外出張の計画の立て方記事一覧
海外出張の計画の立て方、実践編(ヨーロッパ長期出張編)
ロンドン、マドリッド、パリまでの移動編 
オスロ、ストックホルム、フランクフルトまでの移動編 
海外出張の計画の立て方、実践編(ルートの決め方)

TOP海外出張ノウハウ>海外出張の計画の立て方実践編

このページの先頭へ