イメージ画像
TOP海外出張ノウハウ>海外でパスポートの再発行と盗難に合わないための方法
Sponsored links



海外でパスポートの再発行と盗難に合わないための方法

海外旅行や出張中の間は、日本にいる感覚でいると思わぬトラブルにあったり、巻き込まれたりします。

海外に行くと一番大切なものは、パスポートです。パスポートを紛失した場合は、出入国もできなくなりますので紛失や盗難にあったらすぐに近くの警察署で盗難証明書を発行してもらいましょう。

パスポートの再発行の方法
○近くの警察署で盗難証明書を発行してもらう。

○滞在国の日本大使館または領事館に行き、再発行の手続きをする。

必要書類は、以下になります。

○一般旅券再発行申請書2通(大使館で置いてある書類)

○写真2枚(4.5x3.5cm)

○紛失届け1通(これも大使館で入手可能)

○盗難証明書

再発行されるまで約2週間かかるためにその間は、出国もできません。そのまま日本に帰国する場合は、帰国のための渡航書を発行してもらえます。その場合は、パスポートのコピー、写真2枚と手数料が必要になります。

出発前にパスポートのコピーと写真2枚を持参するとスムーズに再発行の手続きができますので必ず持って行きましょう。

パスポートを紛失しない方法とは?
外出時は、混雑してる繁華街、空港、駅などでは、スリなどに合う可能性も高くなるので常に貴重品を入れたバックやズボンなどのポケットに目配りをしておきましょう。

○パスポートをスリなどに合わないためにバックに入れない。

○どうしても持ち歩く場合は、専用の袋に入れて衣類のポケットに入れてチェーンなど簡単に抜き取られないように対策をする。

○ホテルの部屋のセーフティーボックスに外出時に入れておき、コピーを持ち歩く。

上記3点は、基本です。それと、最近は、いろいろなトラベル用品が販売されていますが、ここに貴重品が入っているのがわかるような不自然な格好はやめましょう。

Sponsored links


海外旅行と海外出張のトラブルの記事一覧:
時差ぼけを治す方法
飛行機旅行のトラブル-フライト遅れ/欠航になったときは?
パスポートの再発行と紛失や盗難に合わないための方法
海外旅行のトラブル(現金、トラベラーズチェック、クレジットカード)
海外旅行のトラブル(航空券、貴重品、スーツケース)
トラブルに遭わないためには


TOP海外出張ノウハウ>海外でパスポートの再発行と盗難に合わないための方法

このページの先頭へ