イメージ画像
TOP海外出張ノウハウ>航空券、貴重品、スーツケースのトラブル対処方
Sponsored links



航空券、貴重品、スーツケースのトラブル対処方

ここでは、航空券、貴重品、スーツケースの紛失または盗まれた場合にどうしたらよいかを説明しています。

航空券
航空券の再発行については、盗難された場合は、近くの警察署で盗難証明書を発行してもらいます。その証明書を持って航空会社に出向き、紛失届けに航空券の番号や運賃、発効日を記入しなければなりません。

この場合は、再度、一度航空券を購入し帰国後に旅行会社を通じて払い戻し請求をすることができますが格安航空券では該当しません。

最近は、海外旅行でも格安航空券を利用する機会が増えたので航空券を購入する前に旅行会社にあなたが購入する航空券は、払い戻しができるのかを確認しましょう。

フライトがキャンセルになった場合や紛失された場合、またはフライトの変更ができない格安航空券を購入された場合は、新たに購入するしかありませんので海外旅行中は、航空券を無くさないように注意するしかありません。

海外出張の場合もわたしの会社では、格安航空券しか買ってもらえないのでパスポートやクレジットカード同様に移動などで持ち歩く場合は、かなり目配りをしています。

貴重品や携行品
貴重品、携行品など紛失や盗まれた場合は、出てくることは期待できませんが警察に届けましょう。

海外旅行保険の特約に入っていれば、現地の警察で発行してもらった盗難証明書で保険金の請求ができます。これは、海外旅行保険を発行している会社によって条件がありますのでこの特約もつけてもらうかを出発前に検討されるとよいでしょう。

スーツケース
●機内に預けた荷物が出てこない場合は、

○バゲージクレーム近くのカウンターに行く。

○チェックイン航空券に貼ってもらったシール(クレームタグ)と航空券を提出。

○パスポート番号、スーツケースの色など外観、スーツケースに入れた荷物の内容、滞在先などを記入します。

出てきた場合は、ホテルまで届けてくれるのかそれとも空港渡しなど確認しましょう。

●請求方法の確認もしましょう。

○紛失期間中の補償。(日用品の購入費用など)

○発見されなかったときに補償

これを防ぐには、移動が多い場合、空港でチェックインするまでに古いタグを外しておくなど最低限のことは行いましょう。それ以外では、積み忘れや違う便に積んでしまったなど係員によるミスが考えられます。

Sponsored links


海外旅行と海外出張のトラブルの記事一覧:
時差ぼけを治す方法
飛行機旅行のトラブル-フライト遅れ/欠航になったときは?
パスポートの再発行と紛失や盗難に合わないための方法
海外旅行のトラブル(現金、トラベラーズチェック、クレジットカード)
海外旅行のトラブル(航空券、貴重品、スーツケース)
トラブルに遭わないためには


Sponsored links


TOP海外出張ノウハウ>航空券、貴重品、スーツケースのトラブル対処方

このページの先頭へ