イメージ画像
TOP海外出張体験談>アメリカ、ニューヨーク、ロサンゼルス出張体験談
Sponsored links



アメリカ、ニューヨーク、ロサンゼルス出張体験談

U.S.A.には、2001年2月下旬から3月初めまで展示会と得意先へ新製品の紹介で出張しました。出張前にUA(ユナイテッド航空)のマイレージカードを作りました。

ロサンゼルス行きのUA890便に予約してもらったのですが、座席指定ができなかったので成田へ早めに行き、チェックインの時に、確認するが、通路側が取れずに3人席の真ん中の席になってしましました。

飛行機に乗り込むと、アメリカ人の夫婦だったので、窓側を譲ってもらいました。

2001年9月11日のテロ事件前の出張でしたので、入国や飛行機での移動、出国でのセキュリティーもそれほど厳しく行われませんでした。

テロ事件直後にヨーロッパへ出張したのですが、そのときは、テロ事件の影響で飛行機へ乗り込むときは、セキュリティーチェックもかなり厳しかったのを覚えています。

2001年以降は、アメリカへは、出張していませんが、次回行くときは、入国時の指紋や写真撮影をされるので、乗り継ぎやその日にアポがあれば、時間的な余裕が必要になるでしょう。

ロサンゼルス(Los Angeles)
無事にロサンゼルス国際空港へ到着し、パスポートコントールで入国目的と滞在日数を聞かれて、バゲージクレームへ、スーツケースを引き取り後、サンプルを持っていたので、税関でInvoiceを提出して、バスで滞在するAnaheimのホテルへ向かう。

ディズニーランドの近くのホテルへ滞在。日本人観光客も多く、日本人の団体が2列に並んで歩いているのを何度か見かけた。

ロスへは、展示会出展の手伝いで訪れたので、3日間滞在。ホテルのバーへ行くとビールを飲むのもいちいち「パスポートを見せてください」など聞かれていたので、お酒を飲むのも一苦労でした。

バーの店員も未成年にお酒を飲ませて、見つかると罰金を支払わなければならないので、未成年に見えると、年齢を確認するためにパスポートなどを要求するとのこと。

展示会も無事に終わる。ただ、この当時は、私は英語に自信がなかったので悔しい思いをした。アメリカ人は、よく喋る人が多いので、聞き取るのも大変だったが、冷汗をかきながらなんとか展示会も無事に終了。

展示会終了後にHoliday Inn Los Angeles International Airport Hotelへ移動して、チェックイン後に、商談のため、タクシーで1時間30分かけて訪問先へ向かう。途中の高速道路で渋滞したのと、タクシードライバーが訪問先を探すのに苦労した。

わたしもはじめてのロスを訪れたが、出張前に訪問先をYahoo Mapでルートを検索していたのでそれを見ながら、ナビをして何とか到着。約束時間を30分くらい遅れてしまった(冷汗)。

タクシードライバーにチップを渡して、商談が終わるまで待っていてもらい、商談後、また同じタクシーでホテルに戻った。

アメリカは、タクシードライバーも移民が多く、道を知らないのと、英語もそれほど通じないので、国際免許を申請して、レンタカーで移動する方法がベストだと感じた。

タクシーでの移動する場合は、Yahoo Mapなどでルートを検索して、それをタクシードライバーに見せるか、それを見ながらナビをしながら訪問先へ行く方法しかありません。アメリカは、車がないと何もできないことをこのときに感じた。

ホテルに戻ってからも空港ホテルなので回りにマクドナルドしかなかったので、空港までシャトルバスで行き、空港で夕食(軽食)を食べた。

ニューヨーク(New York)
OrlandoからNew YorkのLaGuardia Airpot(LGA)へ到着、到着すると、大雪で大変な状況です。タクシーで予約したHotelへ向かう。

ホテル到着後、夜だったので近くのマクドナルドで軽く夕食を取り、次の日にマンハッタンを歩き、得意先へ訪問。英語は、ロスやオーランドは、聞きやすかったが、ニューヨークでは、得意先も容赦なくしゃべるのでリスニングに苦労した。

ニューヨークには、1泊しかできなかったので、観光で訪れたい都市の1つ。

帰りは、JFK Airportまでタクシーで行き、成田まで約15時間の地獄のフライトで無事に到着。成田に着いた途端、花粉シーズンでくしゃみと鼻水が止まりませんでした(笑)。

ロスのホテルの部屋からディズニーランドの夜景を撮影しました。

Sponsored links


TOP海外出張体験談>アメリカ、ニューヨーク、ロサンゼルス出張体験談

このページの先頭へ