イメージ画像
TOP海外出張ノウハウ>ビジネス英語の考え方

ビジネス英語の考え方


1999年よりヨーロッパ、アメリカ、アジアへ海外出張していますが、今まで振り返ってみると長年ビジネス英語を勉強したわりには、実際に教材で勉強した会話や表現を使ったことがほとんどありません。

実際に使った英会話は、中学生並みの簡単な英語のみです。

ヨーロッパ(英語圏を除く)やアジアの得意先との英会話については、英語圏特有の表現や難しい単語を使っても通じません。

彼らにとっても英語は、外国語なので難しい単語を使っても通じない場合も多いので、難しい単語は、知っている程度(知識)で十分です。

わたしも英国人やアメリカ人と会話していると彼らの会話を100%理解できないときもあります。その場合は、理解できるまで聞きなおしましょう。完全に理解できなくてもポイントだけ押さえれば十分です。

重要なのは、いかに簡単な単語を使い、コミュニケーションを取るかに重点を置き、基本的な会話表現を身に着ければ、商談や雑談も難なくこなせるようになります。

それと文法もあまり気にしません。文法を気にしながら喋ると会話もスムーズにできません。あなたも日本語をしゃべるときは、もちろん母国語なので文法を気にしないと思います。実際にあなたがしゃべっている日本語を分析してみると、文法的におかしいことがあるかもしれません。

英語圏の人も文法を気にしないで喋っていますので、ニュースなどでインタビューを受けている人の表現を分析すると文法的な間違えも結構あります。そのため、英文法も基本だけで十分でしょう。

英語の勉強で使うべき時間は、リスニングとスピーキング力です。相手が何を言っているのかわからなければ、会話も成立しませんので量をこなして鍛えておきましょう。

発音については、私の場合、あまり神経質にならないで英語教材で流れてくるネイティブ発音を真似する程度です。

わたしは、アメリカや英国へ行ったときに英語の発音が悪くカフェやレストランなどで注文するときに通じないときがあります。そのときは、メニューをもらい欲しい飲み物を指を差しながら伝えたりしています(汗)。

おすすめの英語教材もこのサイトで紹介していますが、あなたがすでに持っている英語教材や押入れの奥に眠っている英語教材(笑)を再活用してみるのもよいでしょう。

商談のときの英語と雑談について以下簡単ですがまとめます。

商談での英語
商談での英語は、出発前にある程度何を聞かれるかなどが予想がつくのでそれほど苦労していません。原稿を用意して、それを丸暗記するではなく、相手に伝えなければならないポイントをまとめる程度で十分だと思います。

商談中も相手に自分が言いたいことが通じるように、なるべく簡単な表現を使いましょう。

得意先との雑談
一番英語力が必要になるのが、商談先または展示会でのユーザーとの雑談です。これは、実践(経験)を積むことで慣れてくると思います。相手が何を話してくるのか予想できないので、最初は苦労されるかもしれませんが、落ち着いて対処するしかありません。

商談中も雑談は、いろいろな情報をもらえる場合も多いので重要です。リスニング力は、鍛えておきましょう。

会話表現は、何度も書きますが、基本的な表現力をつければ十分です。

ビジネス英語関連記事
今まで長年商談してきて実感したビジネス英語の考え方
スーパーエルマー(CBSニュース)のレビュー
スピード・ラーニングの口コミレビュー

持っている英語教材を速聴教材に変える方法
ビジネス英文ライティングのコツ
電話での英会話が一番難しい 
オンライン英会話の効果的な利用方法は? 
おすすめ本とソフト、オーディオブックは?

「最近英語しゃべってないな~」と思った時の英語勉強法
社会人になってからの英会話勉強方法のコツ

特集記事
英文添削サイト「アイディー」を利用してみた口コミレビュー
ビジネスマン向オンライン英会話の口コミと効果は?


TOP海外出張ノウハウ>ビジネス英語の考え方

このページの先頭へ