イメージ画像
TOP海外出張ノウハウ>英語教材を速聴教材に変える方法について説明
Sponsored links



英語教材を速聴教材に変える方法について説明

今回は、海外出張ネタというよりも英語教材について書きたいと思います。

英語が必要な仕事をしていると誰もが何かしらの英語教材を持っていると思います。

たとえば、買って満足してしまい、まったく手をつけていない英語教材(笑)、何度も聴いて飽きてしまった英語教材など。

ただ、英語教材は、高いのでそれを利用しないともったいないと思います。今回は、この眠っている英語教材を速聴教材に変えて、リスニング強化などに活用する方法を説明します。

なお、速聴音声になるので、自己啓発の効果も期待でき、脳が活性化し、頭の回転も早くなったり、集中力、理解力、やる気、行動力などに効果があるようです。

速聴については、それ以外にもいろいろな効果があるようです。興味がある方は、ネットで調べてみてください。

音声ファイルは、有料ソフトも販売されていますが、無料ソフトで十分だと思います。おすすめなのがSound Player Lilithという変換ソフトです。

4倍速まで変換ができますのでリスニング強化には2倍速、4倍速それぞれ変換してipodなどポータブルプレーヤーにファイルを転送して通勤中に勉強するときにおすすめです。

わたしも現在もっている英語教材をこのソフトで2倍速、4倍速それぞれWindows Media Fileに変換し、通勤中の電車内で聴いています。

これを試してからは、日本語も含め、英語のリスニングがだいぶ楽になったように感じます。ご興味がある方は、無料でダウンロードができますのでぜひお試しください。

Sponsored links


ビジネス英語関連の記事一覧
今まで長年商談してきて実感したビジネス英語の考え方
スーパーエルマー(CBSニュース)のレビュー
スピード・ラーニングの口コミレビュー
持っている英語教材を速聴教材に変える方法
ビジネス英文ライティングのコツ
電話での英会話が一番難しい
オンライン英会話の効果的な利用方法は?
おすすめ本とソフト、オーディオブックは?
「最近英語しゃべってないな~」と思った時の英語勉強法
社会人になってからの英会話勉強方法のコツ

特集記事

英文添削サイト「アイディー」を利用してみた口コミレビュー
ビジネスマン向オンライン英会話の口コミと効果は?


Sponsored links


TOP海外出張ノウハウ>英語教材を速聴教材に変える方法について説明

このページの先頭へ