イメージ画像
TOP海外出張ノウハウ>海外無料WiFiスポットの危険性と注意点
Sponsored links



海外無料WiFiスポットの危険性と注意点

私は、国内や海外問わず外出先の空港やカフェなどの無料WiFiスポットでiPhoneやノートパソコンでたまにメールを受信することはあります。

ただ、セキュリティ(暗号化)設定されていないWiFiスポットは、不正アクセスによりウィルス感染や個人情報を盗まれるリスクがあるので、セキュリティ(暗号化)設定がされていないWiFiスポットは、危険なので接続しないようにしています。

以下の画像通り、暗号化されているかどうかはWiFiスポットの横に南京錠(鍵)のマークが付いています。


海外のホテルでも頻繁にIDやパスワードを変更してくれるホテルは、まだマシですが、何も入力しないでアクセスできるホテルで利用するときは注意しています。

また、有名ソフトのアップデートを装い、ウイルス感染させる手口もあるので、注意が必要ですね。

最近は、海外用WiFiルーターをレンタルしているのでホテル以外で無料WiFiスポットを利用する機会は少ないのですが、無料WiFiスポットを利用する場合、セキュリティが設定されていても、IDやパスワードを入力するようなサイトには接続しないようにしています。購入したルーターを利用する場合は、もちろん利用前にセキュリティ(暗号化)設定は必修です。

無料WiFiスポットについて注意点をまとめると
知らない無料WiFiスポットには接続しない。ウイルス感染などの危険性があります。

セキュリティが設定されていない(南京錠のマークがついていない)無料WiFiスポットには接続しない。

・暗号化が設定されていてもIDやパスワードが必要なサイトへのアクセスは避ける。利用する場合はセキュリティ(暗号化)設定されているモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)経由がおすすめ。

・暗号化されていてもWEPはセキュリティレベルが低いのでWEPで設定されているWiFiスポットへの接続は避けた方が良いでしょう。今のところWPA2-AESが安全とされています。

特に海外出張の場合は社外秘資料のファイルが保存されていると思いますので無料WiFiスポットを利用される場合は、上記リスクがあることを知っておきましょう。


Sponsored links


海外インターネット(WiFi)と携帯電話(スマホ)関連記事
海外でインターネット(WiFi)に接続する方法
海外WiFiレンタルの特徴と料金比較
無料WiFiスポット利用時の注意点
iPhoneを海外で使う場合の設定方法
海外出張で役立つiPhoneアプリと活用術
Android|アンドロイドスマホとタブレット海外WiFi設定
海外携帯電話のレンタルについて


TOP海外出張ノウハウ>海外無料WiFiスポットの危険性と注意点

このページの先頭へ