イメージ画像
TOP海外出張ノウハウ>時差ぼけを治す方法
Sponsored links



時差ぼけを治す方法

時差ぼけとは、時差がある地域へ移動すると、体が急な変化についていけなくなり、現地へ到着後に眠気、だるさ、便秘、頭痛などの症状に悩まされることです。

これは、個人差がありますが、海外出張で商談しなければならないときやデモを大人数の前でしなければならないときは、時差ぼけや体調不良がひどくなると仕事どころではなくなります。

時差ぼけを治す方法は、人それぞれですが、飛行機に乗ったら時計を現地時間に合わせて、無理やりに現地時間へ合わせる方法などあります。

時差ぼけについて調べてみると、時差ぼけは、体内リズムより遅く訪れる西回りにくらべて、朝が早く訪れる東回りで強くでるようです。

対策としては

●東回りの場合は、出発数日前から少しずつ寝る時間を早めする。

●西回りの場合は少しずつ寝る時間を遅くする。

理想は、出発の1週間前くらいから時差ぼけ対策をしておくと良いとのことです。

または、出発前日にあえて睡眠不測にしておき、機内では、食事の後に耳栓やアイマスクをして訪問する国の夜間帯にしっかりと寝ることなどの対策をしておくと良いようです。

とくにはじめて海外出張されるかたは、緊張と不安で寝不足や体調不良になりがちですが、時差ぼけにより体調不良で商談をしてもいいことはありません。

そこまで対策できる余裕がないかもしれませんが、現地到着後の寝不足や体調不良も辛いので時差ぼけ対策をされることをおすすめします。

私の場合は、出発前日に寝不足状態にしておき、機内で食事が終わり、機内サービスがはじまったら音楽を聴きながら睡眠をとるようにしています。

現地に到着したら、到着日と最初の2日間は、商談などで眠くても気合を入れて、現地時間に無理やり合わせれば、時差ぼけも早く解消される思います。

海外旅行と海外出張のトラブルの記事一覧:
時差ぼけを治す方法
飛行機旅行のトラブル-フライト遅れ/欠航になったときは?
海外出張時に盗難など遭わないための方法と対策

Sponsored links


TOP海外出張ノウハウ>時差ぼけを治す方法

このページの先頭へ