はじめて海外出張へ行かれる方のための旅行情報サイト

海外出張の進め方とコツ

アストゥリアス空港

海外出張と旅行コラム

新型コロナウイルス後の海外出張と海外旅行について

2020/8/9

この記事を書いた8月1日現在、新型コロナウイルスで海外旅行や海外出張を控えざる得ない状況が続いていますね。 外務省の海外安全ホームページを見る限り、7月31日現在126カ国が日本人の入国を禁止または制限をしています。 入国制限が緩和されている国も出てきましたが、PCR検査陰性証明書の提出や入国後に指定期間指定のホテルなどでの待機が条件となっているところもあります。また、日本に帰国後も2週間隔離されるので、まだ海外へは行きづらい状況ですね。 各国の新型コロナウイルス対策の状況については、外務省の海外安全ホー ...

ReadMore

カタール航空

コラム(雑記)

コロナによる国際宅配便の状況(航空便、EMS, FEDEX, UPS, DHL)

2020/8/4

私は輸入と輸出のビジネスをしていますので、海外への輸送も頻繁に利用しています。2020年に入って新型コロナウイルスの影響で国際輸送もかなり影響を受けています。 小荷物になるとEMS(国際郵便)やクーリエ(UPS,DHL,FEDEX,TNT,SF EXPRESSなど)もよく利用しています。今回は、各EMS(国際郵便)と各クーリエサービスの状況をまとめてみました。 *最新情報は、利用されるサービスのホームページでご確認ください。 目次1 航空便2 EMS POST(国際郵便)3 UPS,DHL,FEDEX(T ...

ReadMore

AfterShokz TREKZ TITANIUM 骨伝導ワイヤレスヘッドホン

コラム(雑記)

Bluetooth骨伝導イヤホンのおすすめは?

2020/9/6

自宅内で振動マシンや家事をやりながらテレビ、YouTube、Amazonプライム動画、Netflixの音声を聴くために骨伝導イヤホンを買ってみました。家事や室内で運動するときに【ながら聴き】ができるイヤホンとしては最適です。 当初は、BOSEなどのネックスピーカーも考えましたが、音漏れや重さを考えて、軽量でBluetoothの骨伝導イヤホンにしました。 今までは、普通のイヤホンを使っていましたが、周辺の音が聞こえなくなるので、来客や宅配便のが来た時に気が付かないことがあったのも骨伝導イヤホンを選んだ理由の ...

ReadMore

ノートパソコン

コラム(雑記)

テレワーク(在宅勤務)で必要なものは?

2020/9/6

コロナウイルスの影響で営業の方は出張も禁止され、テレワーク(在宅勤務)をされている方も多いでしょう。 私の場合は、週1度か2度は自宅で在宅勤務、残りは、電車ではなく車で通勤している状況です。出荷や納品等の作業があるため、IT系のように完全な在宅勤務は無理なので。 さて、いざテレワーク(在宅勤務)と言われても、必要なものが何か?と迷う方も多いと思います。下記のようにテレワーク(在宅勤務)で必要なものを簡単にまとめてみました。できればテレワークをする際、必要なものは会社で用意してもらいたいですね。 目次1 仕 ...

ReadMore

ビジネス英語の考え方

【無料】YouTubeやGoogleで英会話を効率的に勉強するコツ

2020/5/6

この記事を書いた2020年5月現在、コロナウイルスショックで外出自粛、会社に勤めている方は出張も自粛されている方がほとんどでしょう。私も海外出張を予定していましたが、すべてキャンセルしました。 コロナショックの後は、会社が存続できれば、在宅勤務(テレワーク)で出張よりもSkypeやZoomなどでのオンライン商談の流れになりそうですね。今後も在宅勤務を継続される方は、通勤時間が無くなった分、語学力アップや自己投資などの時間を作られることをおすすめします。 さて、話題がずれましたが、今回はYouTubeやGo ...

ReadMore

会議風景

ビジネス英語の考え方

「最近英語しゃべってないな~」と思った時の英語勉強法

2020/4/18

会社では海外営業部に所属しているので海外への出張もありますが、リーマンショックの後は、海外出張も減り今では年に数回程度まで減りました。 会社にいるときは、昔と違い、メールやSKYPEなどのチャットを利用することが多く、電話もほぼなくなっています。 そのため、久々に海外出張の予定が入るとリスニングを含め英会話の感覚を忘れているかもと不安になるので、出張前に英語を勉強しています。しばらくしゃべっていない言語は、やはり忘れますからね。 特にアメリカやイギリスとか英語圏になると、ちょっと早めに耳を鳴らしておかない ...

ReadMore

ビジネス英語の考え方

社会人になってからの英会話勉強方法のコツ

2020/4/16

私が、海外営業部に所属になり英語を勉強しなければならない状況になり通勤中や自宅で英会話を勉強してきて感じたことをまとめてみました。 特に製造業やIT関連にお勤めの方は、海外進出するのが当たり前になってきていますので、エンジニアの方や工場現場の人など今まで英語を話す機会がなかった人も現地従業員の方との会話で英語や現地語が必要になってきています。 今回は、社会人になってからの英語勉強方法についてまとめていますが、英語以外の言語でも考え方は同じだと思いますのでご参考になれば幸いです。 目次1 英会話勉強はとりあ ...

ReadMore

体臭

海外出張と海外旅行の持ち物

気を付けたい体臭(加齢,わきが)と足の臭い対策

2020/4/15

私は、出張で国内外へ行くことがありますが、冬でも夏でも長時間革靴を履いているとかなり蒸れます。 特に夏場はひどいです。その後に接待とかでお座敷の居酒屋ですとやはり気になるのが足の臭い。さらに脇の汗臭や体臭が気になります。 また、最近はヨーロッパよりもベトナムとか東南アジアへ出張することもあり、帰りはいつも深夜便のため、帰国日当日も得意先回りなどをしてから帰国することも少なくありません。 そのときにやはり飛行機の機内で自分の体臭が他の方に迷惑になっていないか気になりますし、できれば、汗だくのまま飛行機には乗 ...

ReadMore

機内

絶対役立つ海外出張と海外旅行ノウハウ 海外出張と旅行コラム

エコノミークラスでも快適に過ごす方法は?

2020/4/14

私は、海外へ出張するようになって20年。以前は、毎月のように海外へ出張していましたが、現在は年に数回程度まで減りました。 年齢を重ねるごとにエコノミークラスでの長時間フライトはつらいので、出張回数が減って助かっています。 私の場合は、出張だからと言ってビジネスクラスに乗れるわけではなく、いつもエコノミークラスの航空券を買っています。 最近は、旅行会社で買わなくても航空会社のサイトから直接買っても値段が変わらないですし、座席指定もできるので、周遊ではない海外出張の場合は、航空会社のサイト経由で航空券を予約し ...

ReadMore

機内持ち込み

絶対役立つ海外出張と海外旅行ノウハウ

機内持ち込み荷物の制限と国際空港で時間を節約する方法

2020/4/14

このページでは、機内持ち込み荷物の制限と国際空港で時間を節約する方法についてまとめてみました。 短期出張(1週間)以内なら全て機内持ち込み荷物にしたほうが、チェックインも出入国でもかなりの時間を節約できます。 私の場合は、1週間以内の海外出張の場合は、以下の写真のように機内持ち込みできるバックに詰め込んでいます。 機内持ち込みバッグ 機内持ち込み手荷物の制限は、3辺が115cm(45インチ)以内で重量10kg(22ポンド)1個までになっています。ただし、ハンドバックやパソコンを収納しているバックは、持ち込 ...

ReadMore

絶対役立つ海外出張と海外旅行ノウハウ 海外出張と旅行コラム

海外旅行と出張時に盗難などトラブルに遭わない方法と対策

Sponsored Link

海外旅行や出張中の間は、日本にいる感覚でいると思わぬトラブルにあったり、巻き込まれたりします。

パリ・リオン駅

海外に行くと一番大切なものは、パスポートです。パスポートを紛失した場合は、出入国もできなくなりますので紛失や盗難にあったらすぐに近くの警察署で盗難証明書を発行してもらいましょう。

パスポートの再発行の方法

ポイント

1. 近くの警察署で盗難証明書を発行してもらう。滞在国の日本大使館または領事館に行き、再発行の手続きをする。

2. 必要書類は、以下になります。

3.一般旅券再発行申請書2通(大使館で置いてある書類)

4.写真2枚(4.5x3.5cm)

5.紛失届け1通(これも大使館で入手可能)

6.盗難証明書

再発行されるまでの期間は確認しておきましょう。以前は、約2週間かかりました。そのまま日本に帰国する場合は、帰国のための渡航書を発行してもらえます。その場合は、パスポートのコピー、写真2枚と手数料が必要になります。

出発前にパスポートのコピーと写真2枚を持参するとスムーズに再発行の手続きができますので必ず持って行きましょう。

パスポートを紛失しない方法とは?

外出時は、混雑してる繁華街、空港、駅などでは、スリなどに合う可能性も高くなるので常に貴重品を入れたバックやズボンなどのポケットに目配りをしておきましょう。

ポイント

・パスポートをスリなどに合わないためにバックに入れない。

・どうしても持ち歩く場合は、専用の袋に入れて衣類のポケットに入れてチェーンなど簡単に抜き取られないように対策をする。

・ホテルの部屋のセーフティーボックスに外出時に入れておき、コピーを持ち歩く。

上記3点は、基本です。それと、最近は、いろいろなトラベル用品が販売されていますが、ここに貴重品が入っているのがわかるような不自然な格好はやめましょう。

現金、クレジットカードを紛失または盗難にあった場合の対処方法

海外出張準備編の出発準備をするで書いた通り、海外旅行または海外出張に行く前に持っていく現金とクレジットカードの枚数を検討しましょう。

私の場合は、東南アジアへ行くときは、現金を多めに、ヨーロッパやアメリカへ行くときは、現金は少なめで会社で作ったクレジットカードと日本円を持っていきます。最近は、キャッシュレス社会になってきましたので、事前にGoogleなどで調べておきましょう。

クレジットカードについて

クレジットカードは、買い物、ホテル代、食事代以外で、現地に夜遅く到着した場合に銀行が閉まっている場合があります。その場合は、空港や銀行などATMでキャッシングができます。

紛失したら、現地の警察署で盗難証明書を発行してもらい、カード会社に連絡して、紛失したクレジットカードを無効にしてもらいます。有効期限やカード番号も問合せの時に必要になりますのでカードのコピーと紛失したときの連絡先のメモを取っておき、スケジュール帳に貼り付けておきましょう。

あとは、再発行するために現地の支店に出向くなどカード会社に再発行されるまでの期間とカードを受け取る方法を確認しておきましょう。

クレジットカードは、スキャニングなど不正使用が問題になっています。わたしの場合は、ホテルと空港の免税店、銀行、信頼できるお店では、カードを使用。それ以下では、主に現金を使って買い物をしています。

現金の持ち歩きについて

全ての現金を持ち歩くのではなく、分散させるようにしましょう。

たとえば、ホテルのセーフティーボックスに一部保管しておくと万が一スリや強盗にあい、お金を盗まれたとしても全財産を失うことはありません。

それと、持ち歩く時もお札は財布にいれるのではなくなるべく分散させ、買い物などの清算時ににすぐに取り出せるようにします。たとえば、財布には、クレジットカードと大きなお札のみいれて、小額のお札は、財布ではなくポケットに入れるとよいでしょう。

財布は、バックに入れるのではなく、ズボンなどのポケットに入れて、財布は、ベルトなどで固定できるチェーンをつけるなど防御策も忘れずに行いましょう。

パスポートなど大切なものを紛失または盗難に遭うと、せっかくの海外旅行も楽しさが半減してしまうのと出張ですと仕事どころではなくなりますのでトラブルに遭わないように対策をいろいろと考えることも重要です。

航空券、貴重品、スーツケースのトラブル対処方法

ここでは、航空券、貴重品、スーツケースの紛失または盗まれた場合にどうしたらよいかを説明しています。

航空券

航空券の再発行については、盗難された場合は、近くの警察署で盗難証明書を発行してもらいます。その証明書を持って航空会社に出向き、紛失届けに航空券の番号や運賃、発効日を記入しなければなりません。

この場合は、再度、一度航空券を購入し帰国後に旅行会社を通じて払い戻し請求をすることができますが格安航空券では該当しません。

最近は、海外旅行でも格安航空券を利用する機会が増えたので航空券を購入する前に旅行会社にあなたが購入する航空券は、払い戻しができるのかを確認しましょう。

フライトがキャンセルになった場合や紛失された場合、またはフライトの変更ができない格安航空券を購入された場合は、新たに購入するしかありませんので海外旅行中は、航空券を無くさないように注意するしかありません。

海外出張の場合もわたしの会社では、格安航空券しか買ってもらえないのでパスポートやクレジットカード同様に移動などで持ち歩く場合は、かなり目配りをしています。

貴重品や携行品

貴重品、携行品など紛失や盗まれた場合は、出てくることは期待できませんが警察に届けましょう。

海外旅行保険の特約に入っていれば、現地の警察で発行してもらった盗難証明書で保険金の請求ができます。これは、海外旅行保険を発行している会社によって条件がありますのでこの特約もつけてもらうかを出発前に検討されるとよいでしょう。

スーツケース

機内に預けた荷物が出てこない場合は、

○バゲージクレーム近くのカウンターに行く。

○チェックイン航空券に貼ってもらったシール(クレームタグ)と航空券を提出。

○パスポート番号、スーツケースの色など外観、スーツケースに入れた荷物の内容、滞在先などを記入します。

出てきた場合は、ホテルまで届けてくれるのかそれとも空港渡しなど確認しましょう。

請求方法の確認もしましょう。

○紛失期間中の補償。(日用品の購入費用など)

○発見されなかったときに補償

これを防ぐには、移動が多い場合、空港でチェックインするまでに古いタグを外しておくなど最低限のことは行いましょう。それ以外では、積み忘れや違う便に積んでしまったなど係員によるミスが考えられます。

海外でトラブルに遭わない方法など

スリなどトラブルに遭わないためにどうしたらよいのか?一般的に言われていることやわたしの防御策を公開したいと思います。個人旅行者や一人で海外出張へ行かれる方は、特に注意しましょう。

街中では

治安が悪いところでは、外出は控えたほうが無難です。食事もホテル内またはホテルの近くで食べましょう。

注意ポイント

・貴重品やパスポートは、持ち歩かない。ホテルの部屋も安全とは言えないが外出時は、セーフティーボックスに入れておく。パスポートは、コピーを持ち歩くと良いでしょう。

・お金も全財産を持ち歩かない。なるべく分散させる。買い物をするときは、すぐに取り出せるように半分に折り、ポケットなどに使う分だけ入れておく。財布もチェーンをつけられる物を持っていき、ベルトまたはベルト通しで固定し、簡単に抜き取られないようにしておく。

・服装は、貴重品がここに入っているとわかるような格好をしない。できれば、ポケットが多いパンツ(ズボン)がおすすめ。スーツの場合は、ジャケットの内ポケットにチャックまたはボタンがついているものを持っていく。

・貴重品は、バックに入れない。

・混雑しているところでは、貴重品を入れたポケットなどに目配りをする。

・歩いているときは、堂々と歩き、スキを見せない。

・ジプシーなどにお金をくれなど見知らぬ人に話しかけられても無視をする。しつこい場合は、日本語でもよいので怒鳴る。

・人通りが少ない道は、なるべく通らない。多少遠回りでも人通りが多い大きな通りを歩く。

・バックは、タスキがけができるものがよい。バックパック(リュックサック)は、安全とは言えない。

ホテル、レストラン、空港では

注意ポイント

・チェックインやチェックアウトの時にバックから目を離さない。空港でも置き引きに注意する。

・部屋から出るときは、スーツケースに鍵をかけ、貴重品も全て持ち歩く。

・部屋に来訪者が来てもドアを開ける前に確認する。応対もチェーンをかけた状態で行う。

・食事しているときもバックから目を離さない。ビフェ(バイキング)式の食事のときもバックは持って席を離れる。

トラブルに遭うといろいろな手続きなど面倒なのとせっかく楽しいはずの海外旅行も楽しさが半減してしまいます。トラブルに遭わないために外出の際は、常に警戒心を持って行動しましょう。そうすれば、ある程度のトラブルは、回避できると思います。

Sponsored Link

-絶対役立つ海外出張と海外旅行ノウハウ, 海外出張と旅行コラム
-, , ,

Copyright© 海外出張の進め方とコツ , 2020 All Rights Reserved.